0歳児からでも大丈夫!食べられる安全無害な絵の具「やさいいろ」を生み出したママに出会う。

スポンサーリンク

安心安全な絵の具を生み出したママがいるよ!と以前からチラチラと聞いていたのですが、先日ついにご紹介いただき、さっそくいろいろと聞くべくおうちにお邪魔させてもらって来ちゃいました。

 

フィンガーペインティングのワークショップを始めて感じていた事。

マスダがやるフィンガーペインティングのワークショップの時に使う絵の具は、普通の水彩絵の具にデンプン糊を加えてとろみをつけたものなのですが、やはり3歳以下くらいの子供たちに使用するには少し不安がありました。

まだまだ年齢が低いとなめてしまいそうになったり、飲もうとしそうになる子がいたりするからです。

フィンガーペインティング用の絵の具もあり、それを使用することにしようかなと思ったりしていた時だったのですが、フィンガーペインティング用の絵の具も食べられる訳ではありません。

普通の絵の具よりは安全性は高いので、舐めようとしないくらいの年齢の子や大人だったら大丈夫かなと思うのですが、舐めていろいろ確認する小さな子にはちょっと心配な部分があるよな〜と思っていたところ。。

 

なんと、野菜で作られた100%安全な絵の具、しかも食べても大丈夫!舐め放題な絵の具があるっていうんだから、これは詳しく聞かなくては!

よし、レッツゴー!

となった訳です。

▼やさいいろは全部で10色あるそう。

 

インドの工場でオーガニック野菜の絵の具を生み出す人。

もともとは画家さんだそうで、作品制作をしていたそうですがただ一人のための1点物の作品よりも、より多くの人々に届けるために出来る事はないかと考え、安全な生地に自身のデザインを施して届けたいと思い、初めはオーガニックコットンなどを求め、インドへ渡ったそうです。

いや、すごくない?

インドには7年くらいいたそうで、その前にはアメリカに3~4年いたそうなんだけれど、安全な生地に自分のデザインを施したいと思ってインド行っちゃう人ほぼほぼいないでしょ。

しかもお子さんが二人いらっしゃいます。

 

この行動力と自分の求める物を追って行くパワーが凄すぎます。ヤバいです。良い意味で。

 

オーガニックコットンから染色のための染料も安全に。。と追い求め、だんだんと絵の具へと広がっていったそう。

絵の具に使用される野菜にもこだわり、すべてオーガニック。
どう転んでも安全な絵の具を完成させてしまったママ、凄くない?

安全すぎて料理とかにも使えるんだって。
その絵の具を外に置いてたら、食べ物と思ってカラスが持ってっちゃったりもしたんだって。

そらそうだ、野菜で出来てるんだから。

 

それだけ安全な食べられる絵の具「やさいいろ」。

赤色はビーツ。

青色は紫キャベツ。

黄色はターメリック。などなどが使われています。

 

これはフィンガーペインティングワークショップで使わない手はないでしょう。。。ふふふ。
と考えているマスダです。

▼テキトーにフィンガーペインティングしてみた。粉状なので水で溶いても、そのまま粉を振りかけたりしても綺麗。
自然な色味がまた魅力的。

 

Maharanee Organicのやさいいろfor Painting(こな絵の具)

「やさいいろ」を作るのはMaharanee Organic(マハラニ オーガニック)。

安全すぎるこの絵の具はマハラニ オーガニックさんのサイトからもご購入いただけるようです。
気になる方はチェックしてみてください*

 

 

増田 智己
この絵の具で何歳児でもフィンガーペインティング出来るゼ!どんどん舐めても安心ってステキ。味はしないよ。←舐めたマスダです。では*

 

*これからのフィンガーペインティングワークショップが楽しみ♪

 


*LINE@もやっています!マスダとのやり取りや質問もお気軽に♪

詳しくはこちら*

*オリジナルグッズのオンラインショップ*
期間限定で原画販売もしています。

TOMOMI MASUDA ARTSTORE


ABOUTこの記事をかいた人

増田 智己

手刺繍入り画家。 アパレル販売員から、とあることがきっかけで画家活動開始。 ワークショップもやってます。 北海道出身。埼玉県在住。アウトサイダーアート・子供の絵が好き。 現在はおばあちゃんちみたいな平屋で制作中・都会に近い田舎暮らし。 ふがし・チョコ・みかん・庭の剪定が好き。