子供の描く絵が怖い。。その時の子供の心理とは?

自分の子供の描く絵が怖い。。
真っ黒に塗りつぶしたり、ガイコツばかり描いたり、泣いている絵を描いたり。。

そんな絵を描いていたら、「うちの子は大丈夫だろうか。。」と不安になってしまうこともありますよね。

 

今回はそんな、怖い絵を描くときの子供の心理についてお話ししてみようと思います。

 

子供の絵は毎日違う

子供の絵と毎日の生活は大きく関係しています。
その日その時に感じ、表したいことを絵にしていくからです。

 

お母さんと楽しくお出かけした日、ちょっと悲しかったとき、お母さんに怒られた日、それぞれの出来事によって描く絵も変わっていきます。

いつもはニコニコ笑顔のお母さんを描くのに、不条理に怒られた日はお母さんの顔を真っ黒に塗りつぶし、太陽まで真っ黒なんてこともあるようです。
でも、いつものお母さんとの関係に戻ると、また今までのように笑顔のお母さんを描くようになります。

真っ黒に塗りつぶされた絵1枚だけを見ると、この子は大丈夫だろうかと不安になってしまうかもしれませんが、毎日の出来事を通して絵を見ていくと納得出来ることがほとんどのようです。

 

ですので、1枚の怖い絵だけを取り上げて、この子はこういう子なんじゃないか、と決めつけ不安にならなくてもあまり心配することはないのですね。

 

マスダの場合は子供を亡くしてから絵を描き始めたので、自然とその悲しみが絵にも現れていたようでよく

「かわいいけど、なんか怖い。」

と言われていました。
自分では出さないようにしていたつもりでも、滲み出てしまうものなのですね。
長い期間、悲しみはありましたが、絵を描きその悲しみを自分から出すという行為は、今考えると自分自身への癒しになっていたように思います。

きっと絵がなかったらもっと長い期間悲しみに打ちひしがれていたんじゃないかな、と思うのです。

なので、絵を描くってどんな人にとってもけっこう大切なことだと思っています。

 

怖い絵を描く子供の心理2つのケース

たまに怖い絵を描くのではなく、毎日怖い絵描くんですけどッ!!
という場合には、2つのケースがあるそう。

 

①言葉には表さないけれど、そういう潜在的な願望があって自分の内面世界を描いているケース。

②心の中に溜まった不満を絵を描くことによって発散し、解消しようとするケース。

 

 

ほとんどは②のケースが多く、先ほどの怒られてお母さんの顔を真っ黒に塗りつぶす、という絵もこれに当てはまるのではないでしょうか。

これが毎日続くということは、日常的に何かしら子供を抑制しているものがあることが考えられるので、それが何なのかを探る必要はあるようです。

①の場合は異常犯罪を引き起こした子供などにみられるケースですが、そうした子供の場合は絵の中だけにはとどまらず、行動の中にも異常な行動がみられる(動物を殺すなど)ようです。
ただそういったケースは本当にまれなので、ほとんどの子供にはあてはまらないケースのようですね。

 

子供の絵は「子供の心を覗くメガネである」と言われています。
もし真っ黒に塗りつぶされた絵を見たときは、今日何かあったのかなぁと子供の心の変化に気付いてあげることが大切なのかもしれません。

 

 

マスダ トモミ
大人にとっても絵は心を覗くメガネになったりしますから、たまに大人もお絵描きを楽しんでみてください*では*

 

こちらもおすすめ♪
こんなことってあるんですね。。怖かった子供たちの絵。
【子供の絵の育て方 】-1歳児編- ポイントは”スクリブル” それって一体何?
フィンガーペインティングは天才児教育にも取り入れられている、すごい方法だった。

 

マスダ トモミ
LINE@やSNSもやっています。マスダの活動・ワークショップ、アウトサイダーアートや子供の絵についてなどこれからも見てみたい!という方はぜひ登録お願いいたします!
LINE@のみでしかお知らせしない情報・クーポンなんかもあります*

友だち追加

 

TwitterやInstagramもお気軽にフォローしてください*では*

Twitter Instagram

LINE@マスダのおうち。はじめました*




LINE@登録で、すべての情報をあますことなくお届け!

ABOUTこの記事をかいた人

マスダ トモミ

手刺繍入り画家。 絵画作品、立体ぬいぐるみ作品を作ったりして生きています。 アパレル販売員→30代から画家活動開始。 北海道生まれ。 現在はおばあちゃんちみたいな平屋で制作中・都会に近い田舎暮らし。 ふがし・チョコ・みかん・庭の剪定が好き。