【子供の絵の育て方-3歳児編-】ついに頭足人(とうそくじん)が登場!丸と線だけで世界を広げていく3歳児。

ひさびさのお絵描き大好きな子供に育てるシリーズ*
3歳児編、始まるよ!

2歳児編はこちら♪

【子供の絵の育て方-2歳児編-】子どもの思うままに!描いたものへの意味づけが出来るけど、親が注意する事は?

2018年4月24日

 

3歳になると最初から意味付けして描く。

2歳の頃は最初から意味付けして描いていなかったので、はじめは「くるま」と言っていたものが後でまた聞いてみると「お団子」になっていたりと、そのときどきで変化していましたが、3歳になると

はじめから「くるま」を描こう!

と思い、描き始めるため途中「これはお団子でしょ?」とママが聞いても

「ううん、違うよ。くるまだよ。」

と言います。

 

描きたいと思うものが先に浮かんで、それにしたがって手が動いていくのですね。
でも、まだまだ形は描けず、丸をいろいろなものに見立ててたくさんの丸を描いていきます。

マスダの娘っこニコの3歳の頃、幼稚園で描いたじゆうが帳を見てみると、描いてる描いてる!
丸がいっぱい!

何か意味があって描いていたのかもしれないけれど、当時のマスダは「何か丸とかしか描いてねーな。。」くらいにしか思っていませんでした。。!
なので、「これ何描いたの?」とかも一回も聞いたことなかった気がする。。汗

無知なママだったゼ。。!今もだけど。

 

こうやっていろいろ知ってからまた、振り返ってみて見るとおもしろいです*

今3歳児のお子さんがいらっしゃる方は、同じような丸にも意味があるのでお子さんに聞いてみて、その丸の横に小さく丸の意味を書き留めておくと、後々よい記念にもなるかと思います。

ぜひ書き留めて、楽しんでみてください*

 

頭部人、頭足人、登場!!

3歳前後では、丸に点々や線だけの「頭部人」が現れ始めます。
その丸に点々に手足のような線がついたら「頭足人(とうそくじん)」です!

▼ニコも頭足人描いてた〜!めっちゃ手長いけど。

 

なぜ胴体がなくて頭から手足が生えているのかには、さまざまな説があるそうですが、頭の部分に身体全体が含まれているのではないかと考えられるようです。

まだまだ形を表すことが出来ない子供が丸と線を組み合わせて、身の回りのさまざまなものを表現しようとしているんですね。

この頃の絵を「丸と線だけしか描けない」という見方をするのではなく、「丸と線だけでこんなにも想像力を働かせ、世界を広げようとしている」という見方で見ていくとよいようです。

 

マスダは完全に「丸と線だけしか描けない」という見方をしていたけどね!

 

▼これも。トトロみたい。

 

3歳児代のまとめ

3歳児代のお絵描きポイント
  • たくさんの丸や線で描いた絵の中身を聞いてあげよう。(その時、形の横に絵の内容をメモしておくと記念に)
  • まだまだ、形を教えてはいけません。
もしも形を教えてしまっていたら。】

形を教えてしまっていたら、3歳の子供が描くような丸をママやパパが描いてあげます。
そしてそのたくさんの丸や線を、子供と体験したことをお話しながらいろいろなものに見立てて描いていくのです。

大きい丸はパパで中くらいの丸はママ。。などのように。

 

3歳児が描くようなものに戻してあげるとよいようですね。

これは本当にだいたいの目安ですので、この時期にやらない。。!などはご心配なさらずに、その子のペースで楽しんでみてください*

 

マスダ トモミ
子供の絵のことを知ると、パパママもより子供の絵を見るのが楽しくなりますね!。。ってマスダはぜんぜん知らずに楽しんでなかったよ。。チキショー!では*

 

4歳児編はこちら♪

【子供の絵の育て方-4歳児編-】お絵描き大好きっ子に育てよう*頭胴二足人間が現れ、イメージで描いていく!

2018年12月10日

▼LINE@もやっています!マスダとのやり取りや質問もお気軽に♪
ブログやSNSには載せないお知らせもお届けします*
詳しくはこちら*

ABOUTこの記事をかいた人

増田 智己

手刺繍入り画家。 アパレル販売員から、とあることがきっかけで画家活動開始。 ワークショップもやってます。 北海道出身。埼玉県在住。アウトサイダーアート・子供の絵が好き。 現在はおばあちゃんちみたいな平屋で制作中・都会に近い田舎暮らし。 ふがし・チョコ・みかん・庭の剪定が好き。