アート

アウトサイダーアート

日本のアウトサイダーアートが大集結!「櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展」〜ヤンキー人類学から老人芸術まで〜

けっこう前から楽しみにしていた、アウトサイド・ジャパン展! 4月12日から始まっているということで、さっそく行ってまいりました* そんなに詳しくは調べずに行ったのですが。。 すんごいボリュームで、最後の方はグッタリ?して…

身近に楽しむアート

大阪で念願の太陽の塔を見る!パワースポットかと思えるほどの塔と内部観覧は予約必須です。。!

マスダの娘っこニコがUSJに行きたい!と言うもんで、行く事になってしまいまして、そんならマスダの行きたいとこにも行きたいよ!というわけで、以前大阪に来た時には行けなかった「太陽の塔」についに行って参りました。。! いやマ…

アウトサイダーアート

日高市・高麗郷古民家での世界自閉症啓発デーのイベント「LIGHT IT UP BLUE HIDAKA」で観られるアール・ブリュット作品たち。

マスダの住む埼玉県日高市の高麗郷古民家というとても素敵な登録有形文化財にもなっている古民家でやっていた、世界自閉症啓発デーのイベントLIGHT IT UP BLUE HIDAKAに行ってきました。 ここでは近くに住む障害…

・アウトサイダーアート 本

マスダが持ってる、おすすめアウトサイダーアート本!スイス・ローザンヌのアール・ブリュットコレクション所蔵品が収録された「OUTSIDER ART」

こんにちは*マスダです! 今回はマスダがおすすめするアウトサイダーアートの本をご紹介です* この本はマスダが初めて買ったアウトサイダーアートの画集だったかと思います。 アウトサイダーアートで有名なスイス・ローザンヌのアー…

・子供の絵の育て方

【子供の絵の育て方-5歳児編-】言葉の発達とともに物の特徴や形をますます理解!基底線(きていせん)も現る!

お絵描き大好きっ子に育てるシリーズ、5歳児編! 始まるよ! ▼4歳児編はこちら♪   表現が多様化し、物の特徴・形をはっきりと捉え出す。 4歳の頃も形などをイメージして区別出来るようになってきましたが、5歳にな…

・アウトサイダーアーティスト

自閉症の絵描きさん、9歳の男の子Keiちゃんと初対面*以外な効果音に爆笑する。

年末年始、ちょっと長めに地元北海道へ帰ったのですが、専門学校時代に2年ほど住んでいた札幌にも寄ることにいたしました。 専門学校の頃のお友達がいる、というもの理由なのですが、もうひとつ今回は楽しみにしていたことがありまして…

身近に楽しむアート

埼玉県飯能市・メッツァビレッジで開催中のチームラボ「森と湖の光の祭」に行って来ました*

マスダが住んでいる町のすぐそばに、ムーミンのテーマパークが出来るよ! とかなり前から聞いていましたら、ムーミンのテーマパークの前にチームラボがやってくるよ! と知り、行って来ました。。! チームラボ 森と湖の光の祭! チ…

・子供の絵の育て方

【子供の絵の育て方-4歳児編-】お絵描き大好きっ子に育てよう*頭胴二足人間が現れ、イメージで描いていく!

子供をお絵描き大好きっ子に育てるシリーズ!子供の絵の育て方。 今回は4歳児編です* 3歳児編はこちら*   頭胴二足人間(ずどうにそくにんげん)? 3歳の頃には頭足人(とうそくじん)が現れると書きました。 頭か…

・子供の絵の育て方

【子供の絵の育て方-3歳児編-】ついに頭足人(とうそくじん)が登場!丸と線だけで世界を広げていく3歳児。

ひさびさのお絵描き大好きな子供に育てるシリーズ* 3歳児編、始まるよ! 2歳児編はこちら♪   3歳になると最初から意味付けして描く。 2歳の頃は最初から意味付けして描いていなかったので、はじめは「くるま」と言…

・アウトサイダーアーティスト

アウトサイダーアート(アールブリュット)界のスーパースター。ヘンリー・ダーガー「非現実の王国で」

アウトサイダーアート(アールブリュット)の画集や本には必ず登場するアウトサイダーアート界のスーパースター、ヘンリーダーガー。。! マスダもヘンリーダーガーはアールブリュットやらアウトサイダーアートやらの言葉も存在も知らな…

・アウトサイダーアーティスト

フランス・シュヴァルの理想宮。43歳からの建築家への道のきっかけは石につまづいたからだった?

今日のアウトサイダーアーティストは、フェルディナン・シュヴァル。 フランスの「シュヴァルの理想宮」という建築物をたったひとりで33年をかけて作り上げた人。 しかも作り始めたのは43歳から。。!っていうことは完成したのは7…