子供の絵をダメにする、やってはいけないたった1つの事。

以前こんな記事を書きました。
小さい頃、人はみんな絵を描きますよね。

子供が絵を描く理由と、大人になると「絵が描けない」人が増える原因。

2018年2月7日

 

今回は小さい頃みんな描くはずの絵をダメにしてしまう原因、そんな事をお話してみます。

 

子供の絵をダメにしてしまう原因は。。

ダメっていうのは、小さな頃は「絵を描く」ということは自己表現のひとつなはずなのに、その「描く」ということを嫌いになってしまうこと、そして自由に描くことが出来ずに自己表現ではなくなってしまうことです。

その原因になっているのは。。な、なんと。。

 

 

 

親が口出しすること。。!!

 

子供が絵を描いている時に

「その色は違うんじゃない?」

とか

「○○はこんな形じゃないよね?」

と言ってみたり、

(大人が描く子供のような絵)

↑こんな感じの絵を一緒に描いて、
「これは、うさぎさ〜ん♪」
などとやったことはありませんか?

 

マスダはあります。。!涙

 

こうやって、子供が描いた絵に対して違うよ、と言ってみたり、これはうさぎさんだよ、と形を教えてみたりすることこそ、子供の絵をダメにする原因なのだそう。

う、うそだろ!?
アンパンマンとか絶対描くだろッ!!

と思ったのですが、それは子供にとっては好ましいことではない、ということです。

 

子供の絵は「心の表現」

文字の場合だったら、小さな頃からママやパパ、おじいちゃんの目をみたり、これは目だよと教えられ、それを理解し、漢字では「目」と書くんだと覚えていくのですが、絵の場合は違うようです。

子供の絵は以前、記事にも書いた通り「自分の心を表現する」うちのひとつで、大人が描く視覚的なイメージが優先した絵とは違うもの。
自分を表現する、ということは教えられるものではなく、自分自身で創造(作り出す)するということ。

 

上の画像のような絵は「大人が描く子供のような絵」であって、子供の絵ではありません。

子供はこれを教えられてしまうと、それを真似ようとするため、自分の心の表現ではなくなりますし、「自分で創造すること」が培われにくくなってしまうのです。

 

思い返してみれば、マスダはニコが小さい頃、絵を描く時は一緒に絵を描いていました。
というか、ほぼマスダが描いていたような気もします。
ちょっとした絵なら描けるからです。

そうしていたからか、幼稚園に入った時に先生に

「ニコちゃんは絵が苦手みたいですね。」

と言われた事がありました。
「描こうよ、と言っても何を描いていいかわからないみたいです。」とのことでした。

 

その時、マスダはへ〜そうなんだ〜くらいにしか思っていませんでしたが、

マスダはまったくニコの創造性を培っていなかったんですね。。

申し訳なかった。。ニコよ。。

 

絵を描いてあげる、なんて大人のエゴで子供にとっては迷惑なだけだったのかもしれません。

 

子供の絵をダメにしないポイント

【子供の絵をダメにしないためには】

大人は口出ししない。

・形を教えない。絵は教えるものではなく育てるもの。
・子供が描いているときはそっと見守ろう。

 

2~3歳頃には「これはなあに?」と聞いてあげたり、年齢によってこうするといいよ!というのがあるそうですが、それはまた別の機会に。

 

ニコも今ではこれいいじゃん!っていうステキな絵を描いたり、市の小学美術展に粘度作品が選ばれたりしてビックリしていますが、これはきっとマスダ以外の幼稚園、小学校の先生たちなどまわりの方々が頑張ってくれていたのですね。

ありがとう、みなさま。。!

マスダ トモミ
マスダは口出しというより、手出ししすぎた。。反省。。!では*

▼LINE@もやっています!
マスダとのやり取りや質問もお気軽に♪
ブログやSNSには載せないお知らせもお届けします*

ABOUTこの記事をかいた人

マスダ トモミ

手刺繍入り画家。 アパレル販売員から、とあることがきっかけで画家活動開始。 ワークショップもやってます。 北海道出身。埼玉県在住。アウトサイダーアート・子供の絵が好き。 現在はおばあちゃんちみたいな平屋で制作中・都会に近い田舎暮らし。 ふがし・チョコ・みかん・庭の剪定が好き。