わが家にすあまがやって来た*3ヶ月の保護犬ワンちゃんと古民家暮らし。

スポンサーリンク

以前住んでいた、賃貸の平家の時から願っていた事。

それは犬を飼う事。

でも賃貸だったので飼えなくて、
「いつか飼いたいよねぇぇぇ。」

とずっとマスダファミリーは言っていました。

そんなマスダ家、素敵な古民家に住むことになりましたし、
もう犬も飼えちゃう。。!

ということで、お迎えしちゃいましたーーーー!!

「すあま」です*


かわいッ!激かわですね、先生。←だれ。

飼いたいと思ってはいたものの、引越ししたばかりだし
まだ飼うのは先かなぁとぼんやり考えていたマスダですが、

夫は積極的に保護犬の譲渡会を調べて、

「ちょっと行ってみる?」

と言ってくるので、まぁどんなものなのかちょっと行ってみるのもいいよね。

と気軽な感じで一度行ってみました。

その時は、へ〜嬢渡会ってこんな感じなんだ〜と
雰囲気を楽しみ帰ってきた訳なんです。

そうしたら、その後またけっこうすぐに夫は別の所での嬢渡会を見つけ出して来ました。←飼いたいが爆発している夫。

すあまとのご縁*

んじゃまぁ行ってみようか〜。

あ、サイトとかもあるんだね?

ちょっと行く前に見てみようか〜←譲渡会当日の朝。

お?この犬可愛いね〜*←すあまが一番最初に出てきて初めて見る。

こんな感じで、譲渡会に行く前にチラリと見たサイトですあまを見ただけで、今回の譲渡会にすあまが来るとも知らずに行ってみたんです。

そうしたら、ちょうどすあまがいました。

あ、サイトに載ってた犬がいるよ〜*

こっちにも子犬、可愛いね〜♡

と、いろんな犬を見ていると、
この中だったらこの子かな。。!と犬をまだ飼うかどうかもわからないけれど決めてしまいがちで、

マスダファミリーはすあまがいいんじゃない?と思っていました。


でもすあまは子犬でなんだか人気そうだし、きっと無理だろうね。

しかもさっきチラリと見たサイトには小学生以下のお子さまがいるご家庭はご遠慮くださいみたいに書いてたし。(娘は小学5年生)

ムリムリ、絶対ムリ。

そう思いつつも、とりあえず希望は出してみよう。と、マスダ家はあきらめない心で果敢にアタックしてみました。←いや、紙に書いただけ。


そうしましたらば数日後、なぜかわが家にすあまをどうですか?というお返事が。。!

えッ?!どーゆーこと??
なぜにうち??

こんなに早くにトントンと決まる訳?
とりあえずダメもとで出しただけだよ?←すあまに失礼。

と、思いつつもこんなにトントンと決まり、絶対にダメだろうと思っていた子犬が来ることになったということは。。。

すあまはマスダ家に来るという、運命と書いてさだめ。
ご縁なのですね、先生!!←だからだれ。

と思いまして、すあまをお迎えすることとなったのです。


なんだかとってもご縁を感じるすあまとの出会い。

これからはちょこちょここちらのサイトにも登場するかと思いますが、
どうぞよろしくお願いします*



▼すあまとの古民家暮らしのInstagramも作りました*
よかったらフォローよろしくお願いします*

増田 智己
これからすあまとマスダ家の古民家ライフ、楽しんでいこうと思います*

すあまはわんにゃん小梅保育園さんからお迎えしました*

おすすめ記事*

引越しが無事終わり、古民家・田舎暮らしが始まります。

2020年6月1日

ブログ更新をメールでお知らせ*

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Tomomi Masuda Artworks

   【増田 智己の作品について。】

日々生活する中の
小さな癒しだったり、力になるような。。

その人にとってのお守りみたいな作品を作っていきたい。