8月の古民家暮らしのガーデニング〜暑すぎて何も出来ない。。けど植物たちは綺麗に咲いています。〜

スポンサーリンク

8月。。猛暑が続いていますね。

7月に切り戻した植物たちは、ちょっと成長しているものもいれば、現状キープでそのままのもいますが
あ、暑すぎるからよね?

と思う事にして、もう少し様子をみようと思います。


▼7月のお庭の様子はこちらです。

7月の古民家暮らしのガーデニング〜切り戻ししまくる梅雨時期のお庭〜

2021年7月15日

8月*古民家ガーデニング便り

元気に育つ植物たち。

8月は日中暑すぎるため、朝起きてすぐに愛犬すあまの散歩に行ったあと、
植物たちに水やりしたり、ちょっとだけ草刈りしたりするぐらいしか出来ません。

なので部分的に草がボーボーですが、暑いので仕方ないのです。

暑さが過ぎるまでじっと我慢の子です。


そんな中でも夏の植物たちは元気に咲き誇っています。

▼玄関先の西洋朝顔。フライングソーサー。
花によって白が濃くでたり、青が濃く出たりして涼やかです。


▼近所のおじちゃんにもらったフウセンカズラ 。
ワサワサになりました。種もめちゃくちゃ出来るので、来年も育てようかな。


▼ガクアジサイの挿し木で増やしたもの。
いろいろやったけど、唯一これだけが成功しました。

まだまだ初心者だなぁ。


▼夏に強い植物たちばかりを植えたゾーン。
どんなに暑くても大丈夫みたい。


▼プランターで育てたオクラもどんどん出来てきて、モリモリ食べています。


▼もともとこの家に植えてあったナツズイセン。
今年この場所に移植したんだけれど、元気に出て来てくれました。


▼鉢が小さすぎたようだったので、急遽大きい鉢に植え替えたらさらに伸びて来たレモン。りのかっていう新しい品種のもの。

進化していく庭。


めちゃくちゃ暑いのに、そんな中夫がDIYしてお庭をさらにステキにしてくれています。

▼ウッドデッキ前に焚き火が出来るスペースを作りました。
今までは草っぱらでそのまま焚き火していたんだけれど、なんかいい感じになったでしょ?


▼植物たちを地べたやウッドデッキに置きまくっていたので、植物を置ける棚を作ってくれました。
オサレじゃない?オサレなお庭になってない?

夫よ、ありがとう。


▼8月、緊急事態宣言になり予定をすべてキャンセルしたマスダ家は、美味しいものたちをお取り寄せしておうちで楽しむ作戦を決行しました。

これはめちゃうまお肉でBBQした夜の様子なんだけれど、すごいステキなおうちじゃない?←自分で言う。

こんな所で暮らせてほんと幸せだなぁとしみじみ思います。

これからももっとステキになっていく予定。。!
いろんな所を直したり、DIYしながら暮らしていく古民家暮らしもいいものです。

増田 智己
9月は涼しくなっていて欲しい。。!ではまた*

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Tomomi Masuda Artworks

   【増田 智己の作品について。】

日々生活する中の
小さな癒しだったり、力になるような。。

その人にとってのお守りみたいな作品を作っていきたい。