そういえば。。森の美術館ってどうなった。。?森の美術館への道、途中経過。

以前、マスダは森の美術館やりたいから、マスダの住む埼玉県日高市の隣町、毛呂山町から始まりますって記事を書いたんです。

新たな道のはじまりが見えてきた*ここから広がる世界。

2018年6月16日

 

その後も、森の美術館への道の記事を書いていこうと思っていたのですが、いろいろ進めていくうちに毛呂山町からは始まらない感じになってきまして、記事にも出来ずにいました。

。。が!
だいだい場所の候補も決まってきて、少しずつ進めていけそうなのでまた書いていきたいと思います。

 

気になる作家さん発見。

近所の天然酵母パンのパン屋さんに行ったとき、ニコが通う小学校のすぐ側にあるカフェで展示をやっているというチラシを見かけました。

へ〜展示もやってるんだ〜と思い、ちょっとググってみましたら、その展示している作家さんの一人の作品がめちゃくちゃ気になったのです。

こ、これは。。!なんということ!
森の美術館にぴったりやないかい!とコーフンしていると、そのカフェをされている方はニコと同級生のママのお友達らしいことがわかました。

マスダはさっそく同級生ママに

「カフェの人を紹介してほしいんや!」

と、懇願し紹介していただき、作家さんとつながることが出来、先日お会いしてきたのです〜*
わ〜い*

 

森でつながる共通点。

さっそく展示されている、カフェまるさんかくコーヒーさんへ行き、ニット作家さんsui:ti(スイティ)さんにご挨拶。

マスダは森の美術館のことで頭がいっぱいだったので、そのことをお伝えすべく、ベラベラしゃべっていたら始めはかなり引いていたようですが(汗)、お話ししていくうちにsui:tiさんも以前、日高市でイベントをしようとしていたことや、森がキーワードになっていることなどなど他にも共通点が見つかり、森の美術館についても賛同してくれているようでした。

 

ご自身でも毛糸を持ち寄ってもらってみんなで編んでいき、それをつなげて木にセーターを着せるという「ニットの木プロジェクト」というのをされているそう。

そんなんあったらめちゃくちゃステキじゃないですか♡

ぜひぜひsui:tiさんにも森の美術館に参加していただけるよう、マスダ全力で説得してまいりたいと思います。。!

 

ただ今展示開催中。「10月の森」

まるさんかくコーヒーさんにて、sui:tiさんと羊毛フェルト作家kobitoさんのふたり展「10月の森」が開催されています。

▼このニットなシカが目印です*

マスダがお邪魔したときはカフェラテしかいただかなかったんですが、ランチもめちゃおいしそうだし、コーヒーは自家焙煎コーヒーみたい*

今度相方マスくんに買っていこう!

sui:ti×kobitoふたり展
「10月の森」

期間 10月23日(火)〜11月8日(木) 日・月曜定休日

時間 10:30〜16:30

会場 まるさんかくコーヒー
   350-1245 埼玉県日高市栗坪8-1

 

マスダ トモミ
お近くの方はぜひご覧ください〜*小旅行やハイキングにもおすすめの場所です。では*

 

*こちらの記事もどうぞ♪
新たな道のはじまりが見えてきた*ここから広がる世界。

LINE@マスダのおうち。はじめました*




LINE@登録で、すべての情報をあますことなくお届け!

ABOUTこの記事をかいた人

マスダ トモミ

手刺繍入り画家。 絵画作品、立体ぬいぐるみ作品を作ったりして生きています。 アパレル販売員→30代から画家活動開始。 北海道生まれ。 現在はおばあちゃんちみたいな平屋で制作中・都会に近い田舎暮らし。 ふがし・チョコ・みかん・庭の剪定が好き。