ウェディングベアやお子さまへの贈り物にも*クマのぬいぐるみCharm Bear-まもりクマ-について。【オーダーも出来ます】

スポンサーリンク

Charm Bear-まもりクマ-というネーミングで作らせていただいていたクマ(またはネコ)のぬいぐるみ作品。

 

こちらのCharm Bearは今後、オーダーでも制作していこうと思います。
(小さい頃お子さまが着ていた洋服の生地などを使用しての制作も可能。)

オーダーではなくマスダが好きに作るものもあり、そちらはオンラインショップにて販売しております。

 

Charm Bear(チャームベア)って何?
という方もいらっしゃるかと思いますので、今回はCharm Bear-まもりクマ-についてをお話ししてみます。

 

 

Charm Bear-まもりクマ-ってなに?

Charm Bearの誕生。

マスダは元々、絵だけを描いていて以前は抽象的ではなく、クマやネコや女の子など具体的な形も描いていました。

▼以前描いていたクマ。

クマをよく描くようになったのは、マスダは北海道出身なのですが北海道のアイヌ民族たちのアイヌ語で、

クマは「キムンカムイ(山の神)」と言われ、クマに特別の敬意を払っていたことを知ったからで、その描いていたクマの立体作品を作りたいなぁとずっと思っていたのです。

 

そんなわけで、始めはただただ作りたい!という気持ちだけで作り始めました。2014年の後半くらいからだったと思います。

仲良くしてくださっていたイラストレーター&立体ファブリック作家さんにいろいろアドバイスをいただきながら四苦八苦しながら作ったことを覚えています。

 

 

持つ人のお守りみたいになるように。

マスダは絵画作品も、持って下さる方のお守り的な存在になるといいなぁと思っているので、この立体になったクマも同じようにお守りみたいになってほしいという願いを込めて、

Charm Bear-まもりクマ-

というネーミングにしました。

Charmの意味は「魅力」や「うっとりさせる」などがありますが、「お守り」の意味もあるのです。

「お守り」にはCharmともうひとつAmuletという言葉もありますが、

  • Charm・・・良いことを呼び込む
  • Amulet・・・悪いことから守る(魔よけ)

 

という違いがあるようで、Charmの方がマスダの願いと、よりしっくりぴったりくるような気がしました。

 

 

ウェディングベアやお子様への贈り物として。

Charm Bear-まもりクマ-は、今までウェディングベアとしてご利用いただいたり、お子さまへの贈り物としてやお家のお守りとしてなどいろいろな場面でご利用いただいてきました*

ウェディングベアってなに?という方はこちらをどうぞ。

結婚式で使われるウェディングベア・ウェルカムベアとは?

2020年2月1日

 

今まで制作したCharm Bearはオーダーも含め、50体くらいになるかと思いますが(ネコバージョンも制作しています。)、今マスダの家に残っているのは数体だけでほとんどご購入いただいており、本当に感謝しています。

 

今までのように作りたいように作るものと、オーダーいただき一緒に作っていくものもたくさん生み出せていけたらと思っています。

 

増田 智己
持ってくださる方のお守りのような作品を生み出していけたらと願いつつ、これからも制作してまいります*では*

 

オーダー以外にもオンラインショップにて販売しているまもりクマ(ネコ)はこちら。

 

お守りみたいな存在でありたい*

【増田 智己の作品について。】

作品が「持つ人のお守りみたいな存在になってほしい。」そう思うようになったのは、画家活動を始めてこんな事があったからでした。