子どもも大人も気持ちを開放!初*室内フィンガーペイントワークショップ開催しました。

先日、室内でのフィンガーペイントワークショップをいつもお世話になっています千葉県柏市のカフェKoumaさん2Fにて開催いたしました〜*

ご参加くださったみなさま本当にありがとうございました。。!
気持ちスッキリ晴れやかになってもらえたかなぁ。。帰ってからの絵の具のついたお洋服のお洗濯に逆に大変だったかなぁ。。なんてことを心配しつつ、無事開催出来たことを嬉しく思います。

子どもも大人も泥んこ遊びにも似たフィンガーペインティングで、気持ちを開放してもらいたい!という思いからやらせていただいているワークショップですが、室内でやったことはないので大変なことになってしまわないか。。ちょっとドキドキしつつ始めさせていただきました。

 

午前の部はおだやかに。。

今回は午前の部と午後の部の2回開催したのですが、午前の部は1〜3歳の子どもたちとママが参加してくださいました。

以前マスダのおうちでやった時は年齢が低い方がダイナミックにペイントしていたので、今回も絵の具まみれになってしまうんじゃなかろうか。。と心配しつつのスタートです!

▼マスダのおうちでやった時の様子

東京・新宿御苑でやるフィンガーペイントワークショップをおうちでやってみたら、最終的にスケート場になった。

2018年3月29日

以前はやらなかった色についての絵本を読んでから始めてみました。
使う色は赤・青・黄の3色ですが、混ぜると新しい色が生まれるよ。。!みたいなね。

その後、3色の絵の具から好きな2色を選んでもらって大きな紙に描いていきます。

 

2歳の男の子2人、3歳・1歳の女の子でしたが、どちらかというと女の子の方がダイナミックに描いていたことが驚きでした。
ひとりの男の子は長い間、指一本のみで絵の具をぬりぬり。
もう一人の男の子は、手が汚れることが嫌だったのか、手のひらに絵の具を垂らすと「うわ〜ぁぁ。。」という切ない顔。←それはそれでマスダはおもしろかったですが。

▼一本の指でひたすらヌリヌリする子。かわいい。

1歳の女の子もやはり汚れることが嫌なようで、みんな足で紙の上に上がることもあまりなく早々と手を洗いに行ってしまいました。

男の子女の子関係なく、やはりまだ経験が少ない1、2歳の子たちは嫌がる子が多いのかなぁ。
これもまた貴重な経験をさせていただき、とてもおだやかに過ぎた午前の部でした。

▼女の子たちはちょっとだけ足でもやってくれました*

▼最後にみんなで♪

 

 

午後の部は、紙、土に帰る。

午後の部は3歳〜7歳の子どもたちとママが参加してくださいました。

こちらは年齢が午前よりも高く、幼稚園で泥んこ遊びを経験している子もいたので、始めはおだやかでしたがだんだんと子どもたちも興奮してきて、最後の方はみんなで紙の上をドタバタと転げ回り壁などにも絵の具が飛び散り、なんだか事件現場のように。汗

Koumaさん怒らないで。。!

▼始めはおだやかに。。

▼だんだん足も使い出し。。
   

▼みんな足で滑り出す。

▼最後は紙が土のよう。いろんなところに穴も空いてる。

▼みんな楽しそうでなによりでした。

▼Kouma店主の娘っ子リカちゃんがタイムラプスを撮ってくれていました!ありがとう*

 

動画や写真で見ていただくとわかるように、最後には紙も穴があいて色は土色になり、ブルーシートと一体化してなんだか紙が土へと戻り自然へ帰っていったような印象を受けました。

ありがとう紙よ。がんばったね。

こんな感じで今回は午前・午後で対照的なワークとなりました。。!
同じワークショップでも毎回違った形を見せてくれるのもおもしろいところだなぁと思います。

 

終了後はAKIRAPANさんのおいしいテリーヌショコラで一休み*

 

今回参加してくださったみなさま、Koumaさん本当にありがとうございました*

マスダ トモミ
また近々、フィンガーペイントワークショップどこかで開催する予定です。。!では*

▼LINE@もやっています!マスダとのやり取りや質問もお気軽に♪
ブログやSNSには載せないお知らせもお届けします*
詳しくはこちら*

ABOUTこの記事をかいた人

増田 智己

手刺繍入り画家。 アパレル販売員から、とあることがきっかけで画家活動開始。 ワークショップもやってます。 北海道出身。埼玉県在住。アウトサイダーアート・子供の絵が好き。 現在はおばあちゃんちみたいな平屋で制作中・都会に近い田舎暮らし。 ふがし・チョコ・みかん・庭の剪定が好き。