考えさせられた。。秋葉原でのフィンガーペイントワークショップ!

8/3・4日の2日間、秋葉原UDX夏祭りというイベントにてフィンガーペイントのワークショップをさせていただきました*

都会の人たちにこそワークをやっていただきたいと思っていましたし、5万人くらいの来場者があるとのことだったので多くの方々にフィンガーペイントを体験してもらえるよい機会と思い参加させていただいたのです。

 

。。。が!

 

 

おめかししてきたのに。。

11時からスタートしたものの、参加してくださる方はチラホラ。。

な、なにぃ?!
どうゆうことやねん。。!

とマスダの心は焦ります。

▼立派な看板も作ってくださっていて、準備は万端。

このイベント自体が子供たちも楽しめるような縁日やライダーショーなどがあるものだったので、親子連れの方々は多くいらっしゃいましたが、

フィンガーペイントは絵の具を使うので、「汚れてしまう」という気持ちが働くようです。

 

考えてみれば、そうですよね。
せっかくおめかしして都内に遊びにやってきた人たちが、汚れてしまうであろうワークをやるのはなかなか勇気がいるのかもしれません。

実際にワーク内容を見て、
「汚れちゃう〜」というお子さんもいらっしゃいました。

今までは募集をして、汚れますので汚れてもいい服装で(または着替えを持って)来てくださいね〜と告知していたので、参加してくださる方も「心構え」が出来ていたと思うのですが、こうやって何もないところから不特定多数の方々が気軽にやるにはハードルが高いの。。ね。。?

と、マスダ途中で気付きました。←遅めの気付き。

 

たくさんの方々が来てくれる場所なのだから、たくさんの方が参加してくれるだろうと安易に考えてしまったマスダでしたが、今回のワークショップはなかなか厳しい戦いとなりました。。←戦いじゃないけど。

 

 

大人のみでの参加も*

そんな中でも、ちょろちょろ参加してくださる方はいらっしゃって、子供たちはいつもは出来ないワークを楽しんでくれたようでした。

また、子供たちの参加が多い中、おめかししたカップルも参加してくださったのが印象的でしたので写真を撮らせていただきました。

▼きれいなおべべで参加してくださったおふたり。

 

今回写真をあまり撮っておらず、子供たちの写真がないのですが
お暑い中、参加してくださったみなさま、お手伝いしてくれたファミリー本当にありがとうございました*

また、このイベントにお声がけくださったAさんにも感謝します。

ありがとうございました〜

 

 

増田 智己
夏の暑さを存分に満喫した2日間でした!
ワークが終わってから、芸人さんの尼神インターと相席スタートも見れて癒されて帰りました。では*

▼LINE@もやっています!マスダとのやり取りや質問もお気軽に♪
ブログやSNSには載せないお知らせもお届けします*
詳しくはこちら*

ABOUTこの記事をかいた人

増田 智己

手刺繍入り画家。 アパレル販売員から、とあることがきっかけで画家活動開始。 ワークショップもやってます。 北海道出身。埼玉県在住。アウトサイダーアート・子供の絵が好き。 現在はおばあちゃんちみたいな平屋で制作中・都会に近い田舎暮らし。 ふがし・チョコ・みかん・庭の剪定が好き。