【子供の突然死を経験するということ。】はじめに。

はじめに

ここからの記事は子供の突然死を経験したこと、それによって感じたこと、気付かされたことなどを書いています。
これを書いたのは自分自身がこの出来事を乗り越えていくために書いた部分が大きいです。

そして同じような経験をされた方の何かになるといいとも思い、書かせていただきました。

ただ、亡くした時のことなども詳しく書いているため、嫌な気持ちになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。そのことをふまえて読み進めていただければと思います。

 

少しでも嫌だなと思われる方は読まれないことをおすすめいたします。
ではどうぞよろしくお願いいたします。

 

このことを書こうと思ったきっかけ

私は子供の死が、画家活動を始めるきっかけとなったのですが、そのことを詳しく話そうと思うことはあまりありませんでしたし、それを話すことで「可哀想な人の絵」という見方をされるかもしれない、という思いもありずっと話すことはありませんでした。

ただ少しずつここ1~2年くらいの間にやっと話してもいいかもしれない、それを知ってもらった上で絵を見てもらってもいいかもしれない、という気持ちに少しずつなってきていました。

でもやはり詳しく話すというところまではなかなか出来ず、躊躇していたのですが最近になってやっと、私が子供を亡くして途方にくれていたとき、私自身子供の死についてを検索したことがあることを思い出し、そしてそこで前へと進むきっかけというか、前向きに考えられる本に出会ったりしたので、もしかしたら私がその事実を書くことで同じような経験をした人の何か参考と言ったら何ですが、何かになるのかもしれない、という思いになり書いてみようという気持ちになったのです。

 

悲しみを共有したい、ということではありません。

悲しみはとても長い時間がかかるけれど、きっと乗り越えていけるのだと思います。
私自身、ずっとずっと長い間悲しみは続いていますし、もう乗り越えなくてもいい悲しみもあると、この悲しみと共に一生進んで行こうと思っていました。

でもやっぱり、きっと乗り越えていかなければいけないのかもしれない、と最近思い始めています。

そう思い始めたから、ここに書こうと思ったのだと思います。
そう思えるまでには10年以上の月日が必要でした。

何の参考にもならないのかもしれませんし、私がそんなことを言うのもおこがましいような気もしますが、自分の気持ちに正直にここに書いていってみようと思います。

 

そして私自身も悲しみを乗り越えて、次へと進んで行きたいのです。

 

マスダ トモミ
とても長くなりますので、何回かに分けて投稿していきます。

 

続きはこちらです。
子供の突然死を経験するということ。2

【子供の突然死を経験するということ。2】乗り越えなくてもいい悲しみもある、と思っていたけれど。

2018年1月2日

▼LINE@もやっています!
マスダとのやり取りや質問もお気軽に♪
ブログやSNSには載せないお知らせもお届けします*

ABOUTこの記事をかいた人

マスダ トモミ

手刺繍入り画家。 アパレル販売員から、とあることがきっかけで画家活動開始。 ワークショップもやってます。 北海道出身。埼玉県在住。アウトサイダーアート・子供の絵が好き。 現在はおばあちゃんちみたいな平屋で制作中・都会に近い田舎暮らし。 ふがし・チョコ・みかん・庭の剪定が好き。