水彩絵の具の最高峰。。!シュミンケ ホラダム、使ってみた感想。

スポンサーリンク

なかなかお出かけしたり、お買い物に行けないこんな時。
おうちの中に居ながらにして、気分が上がる何かはないものかねぇ。。

と思っていたマスダ、ピンときまして

これから水彩で絵を描いていこうと思っていたので、
めちゃくちゃいい水彩絵の具を買えば、気分ブチ上がりで描けちゃうんじゃね?

と思いまして、買ってみました。。!

 

世界で最も品質がいいと言われている、シュミンケホラダム 。

さっそく届いたのでご紹介*

 

 

ドイツ製水彩絵の具シュミンケホラダム 

水彩絵の具って言ったらウィンザー&ニュートンかなぁ。。

とあまり水彩絵の具の種類を知らなかったマスダは思っていたのですが、いざ買うとなっていろいろ調べてみましたら、

ドイツ製の水彩絵の具シュミンケホラダムっていうのがあるではありませんか。

 

マスダなぜかフランス製とドイツ製に弱いんですよね。
なので、ウィンザー&ニュートンはやめてシュミンケホラダム に。

 

▼見た目完全にキャラメルの固形水彩絵の具、ハーフパンって言うよ。

チューブタイプもありますが、ハーフパンの方がチューブから出す手間もないし長持ちするよみたいな事が書いてたので、ハーフパンにしてみました。

 

包みから絵の具を全部出してみると。。

大量におやつ食べた人みたいに。

 

▼めちゃくちゃキャラメル食べました、みたいな図。

 

このシュミンケホラダムのハーフパン、なんと一粒で1,000円〜1,300円。。!
いちばん高い色で1,800円くらい。
(でも画材屋さんやネットショップなどでは割引価格で買えます。)

一粒1,000円のキャラメル。。(←キャラメルじゃない)

どんだけすごいんじゃい。。!ということでさっそく使ってみます。

 

 

使ってみた。

さっそくちょっと使ってみましたらば、
なんて言うか、なめらかな肌触り(←肌では触っていない)みたいな使い心地。

そしてものすごくちょっとの量でも十分に色が出る。

少ししてからも修正がしやすい。

んでもって、滲みがものすごく綺麗。。!

 

最強だよ。。
あんた最強だよ〜〜〜ッ!!!

 

。。とコーフンしたマスダなのでした。

あ、でもマスダは今までホルベインと文房堂(現在のHARUZO絵具)の水彩絵の具しか使った事がありませんので、それとの比較になります。

 

まだちょびっとしか使っていないので、これからどんどん使っていってみようと思います*楽しみ!

 

マスダが買ったのは24色セット*
Amazonで買うと定価よりもかなりお得に買えました。

 

増田 智己
こちらのシュミンケ ホラダムも使用して作品制作しています*

刺繍入り絵画作品についてはこちら*

 

ブログ更新をメールでお知らせ*

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Tomomi Masuda Artworks

   【増田 智己の作品について。】

日々生活する中の
小さな癒しだったり、力になるような。。

その人にとってのお守りみたいな作品を作っていきたい。